毎日のセルフケアで虫歯や歯周病を予防

虫歯と歯周病予防

日常生活で歯を失う原因の殆どは、虫歯と歯周病です。
特に歯周病は意識して磨かないと落とせないので、正しい磨き方を学ばなければなりません。
一度歯が欠けて埋めたとしても、埋めた部分は元の歯よりも弱いので、より注意して磨かなければならず、それでもまた欠けてしまうのです。

歯を磨く場合にはフッ素入りの歯磨き剤を使いましょう。
フッ素は溶けた歯を再び戻す役割をしていますので、強い歯を手に入れる事が出来ます。
歯を磨く時は歯茎も意識して、プラークを落としましょう。
プラークは歯周病の原因菌が居ますので、放っておくと炎症が起こり歯の根を溶かし、歯が折れたり失う原因になります。
炎症が起きている場合は歯茎から血が出ますが、止めないで歯を磨き続けてください。

歯の寿命はセルフケアにある

歯の寿命を伸ばすためには、毎日の歯磨き以外にも生活習慣の改善も必要です。
虫歯の原因は歯を溶かす酸です。
酸は虫歯の原因菌が、糖分を餌にして作り出しています。
糖分が口の中にある時間が長いほど、歯が溶けている事になるのです。
皆さんは1日にどのタイミングで歯を磨いているのでしょうか。

ダラダラと間食を挟んだりしないで、毎食後に歯磨きをすると良いと言われています。
歯磨き後に食べ物を食べてしまうと台無しになってしまう、という事です。
また、睡眠時は唾液の分泌量が少ないので、虫歯の原因菌が増えやすい環境になります。
寝る前は特に意識して歯を磨くように心がけましょう。
磨き残しを防ぐために歯間ブラシやフロスを利用すると、より効果的です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ