口腔ケアとはどのような事なのか

基本的に人の永久歯は失うと2度と生えません。 失った後は入れ歯やインプラントに頼る事になるでしょう。 そうなるとメンテナンスが失う前より面倒になりますので、様々な面でも歯は残しておいた方が良いです。 正しい口腔ケアをしなければ、意味のないケアになってしまうので注意しましょう。

毎日のセルフケアで虫歯や歯周病を予防

虫歯や歯周病の予防は正しいセルフケアで十分に出来ます。 口腔ケアは歯の予防だけではなく、寿命を延ばす事も出来ますので、積極的に取り入れたいところです。 正しいセルフケアの仕方は歯科でも教えていますので、興味のある人は聞いてみるのも一つの方法です。

高齢者は特に口腔ケアが必要

虫歯や歯周病になりやすい時期は幼少期にあると思われがちですが、実は高齢の人も同じなのです。 幼少期と口腔の状況が違いますので、ケアの方法は変わりますが念入りに行う必要があります。 健康にも影響すると言われていますので、高齢者は特に注意しましょう。

正しい口腔ケアで永久歯を守る

口腔ケアは元々、歯周病や虫歯の予防、口臭の減少が目的とされてきました。
近年でもそれらを目的として、口腔ケアは行われているのですが、歯への意識が薄れつつあるようにも思えます。
歯科の技術向上や歯磨き剤の開発など、セルフケアを怠る要因が増えました。
歯は使う物としてではなく、見せる物として認識され始めてきているようです。
永久歯は失うと2度と生えて来ないので、他の物で埋める必要があります。
しかし、認められている疾患でない限り、全損してしまうと埋め合わせ費用は高額になりがちです。
費用面だけではなく味の変化や食べ辛さが原因で、食欲に影響するとも言われています。
特に食が細くなる高齢者にとって、食欲の減少は死活問題に関わるので注意したいところです。

口腔ケアをする事により、口内以外の予防にも繋がると言われています。
栄養状態の向上や発熱、肺炎の予防など様々な効果が期待されており、特に高齢者に向けて積極的に取り組んでいます。
歯科でのケアの手順はマニュアル化されており、基本的な知識があれば自身で安全に活用できるように工夫されているのです。
歯科で正しい自分に合った歯の磨き方を教えてもらう事が出来ます。
自分の歯の状態を聞いた上で、対処と予防が出来るようになりますので、来院した時に教えてもらいましょう。
毎日のセルフケアで歯周病や虫歯の予防だけではなく、歯の寿命も伸ばす事が出来ます。
歯は一生物ですので、長く使って行きたいですね。